VBlog

サンバチーム「ヴェルメーリョ・イ・ブランコ」のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
西が丘サッカー場でヘピ日記

9月19日
初めて西が丘サッカー場にやってきた
今日はメンバーの「おつ」からのお誘い
東邦チタニウムという関東2部のサッカーチームの応援だ
おつの地元、茅ヶ崎のサッカーチーム
アウエーで戦う強豪LB−BRBとの対戦
バツカーダで盛り上げるから頑張ってほしい

 

サッカーの応援をしたことがない
誰もない
相手サポーターとのルールとかあるのだろうか
誰もわからない
アピートはだめだろうってことになった
それは、審判が使っているのと同じものだから
ピーッって鳴ったら試合が止まっちゃう
手振りでキメを入れることになった

 

試合が始まった
雨が降っている
バツカーダも始める
前半45分叩きっぱなし
昨日の池袋パレードの疲れが抜けていない
シュートを打たれると演奏が止まりそうになる
でも頑張って応援しよう
0対0

 

後半も雨が降っている
バツカーダは続く
0対0のドローが見えてきた深い時間
相手のシュートが立て続けに決まる
0対2
残り時間はもう少ない
でも最後まであきらめない
松木安太郎だったら
まだ時間はたっぷりあると言うのだろう
審判が時計を見る
その時
ゴーーーール!
終了間際に1点取った
1対2
そのまま試合終了
結果は残念だったけど
少しでも力になれただろうか

 

家に帰ると
久しぶりに湯船にお湯を張った
雨に濡れた体が芯から暖まる
風呂上がりのカイピリーニャを飲みながら
今日のコピータは何故スカートを穿いて演奏していたのかを
考えていた

 

| 活動日誌 | 21:50 | comments(4) | - |
池袋ブラジル・ストリート・カーニバルでヘピ日記

台風16号が梅雨前線を刺激して
池袋にも雨を降らしている

 

今日はサンシャイン60通りでのパレード
歩けば1分程度の距離を30分かけるパレード
今年はコンテストではない
ただただ楽しくやるだけだ
しかし、バッキバとジラソウの間に入ったプログラム
どちらもパワフルで躍動感あふれる熱いパフォーマンスを魅せてくれる
下手な演奏はできないと気合が入る

 

控室に入るとパンフレットが置いてあった
スケジュールから考えて
今日の昼飯は3時頃になりそうだなと考える
何を食べようか、やっぱ肉だな
あ、VBも紹介されている
「ヴェルメーリョ・イ・ブロンコ」
よくあることだ
ポルトガル語をカタカナにするのは難しい
白を意味する「Branco」
「ブランコ」にしてほしかったな
ちょっとだけ気合が抜ける

 

スタート前の紹介MCも
「次はヴェルメーリョ・イ・ブロンコです」
また気合が抜けそうになるけど耐える
パレードが始まる
ここのコースはわりと狭く
お客さんとの距離が近い
ゆっくりと進むパレードも
お客さんには優しい
静岡からべんちゃんが応援に来てくれている
満面の笑顔で手を振っている
少し進むとまた現れるべんちゃん
何人もいるみたいだ

 

楽しい時間はあっという間に過ぎていく
30分のパレードはあっという間に終わってしまった
控室に戻ると
疲労で動きたくない身体と空腹を訴える胃袋の戦いは
胃袋の圧勝となる
こんな時は
サンバのライヴステージを観ながら
肉の塊に食らいつき
カイピリーニャを飲もうとおもう

 

あのダンサーは綺麗なノペを踏むなぁとか
ぼんやり考えながら
カイピリーニャをおかわりした

| 活動日誌 | 21:40 | comments(2) | - |
2016浅草サンバカーニバルでヘピ日記

 

ゴール地点の直前
バテリアだまり
雨中のスタートとなったパレードも
今は止んでいる
この時点で持てる力は出し切っている
もう何も残っていないと感じる

 

差し出されるボーカルマイク
インテルプレッチのサンダーだ
ここまでもかなり頑張って歌ってきた
もうすでに声は飛んでいて
マイクに乗るかわからない
でも歌ってやるぜ
ロックバンドでよくやる
ボーカルがギターと背中合わせで
1本のマイクで歌うあれだ
シャウト全開
サビ
もう出ない
手振りでマイクを返す
ホントに終わった
真っ白い灰になったよ

 

打ち上げは産業貿易センター8階
表彰式に出ている人たちを待ちながら
結果が気になってなかなか時計が進まない
「まだ来ないのかよ」
まっちゃんの苛立ちもピークが近い
そこへ
表彰式からパリスさんが帰ってきた
硬い表情
それがすべてを語っていた

 

遅れて現れたしおちゃん
いつもなら
これでもかっていうくらい
勿体付けて順位発表するところなのに
今回はすんなりと発表した
「8位がセレージャ、9位がVBです」
S1復帰1年で
S2降格となった

 

二次会会場へ徒歩で向かう
今は何かを考えるのはよそう
とりあえず
カイピリーニャを飲もうとおもう

俺の頬を濡らすのは雨なのか

 

 

<TYS>

| 活動日誌 | 23:52 | comments(3) | - |
2016浅草サンバカーニバルでヘピ日記(予告編)

去年予告編を書いたら
S2リーグ優勝
というわけで今年も書きました
担げるものはどんなゲンも担ぎます

 

今年のテーマは「わ」です

 

 このまあるい星の上に
 みな生まれたのだから
 みんなで一緒に楽しくやろう
 世界は一つみんな友達だ

 

 輪になって楽しく
 みんなで手をつないで
 踊ろう
 歌おう

 

そんなたのしいVBのパレードは
15:04スタートです
ぜひ観に来てください
直接来られない方は
J-comが生中継しますので観てください

 

今年も沿道の皆さんに
少しだけでも幸せを届けることが出来たなら
私たちのパレードは大成功だと思っています 

 

浅草まであと数日
落ち着いていられないこんなときには
カイピリーニャが一番なのだが
浅草が終わるまで
封印しているのだった

 

<TYS>

| 活動日誌 | 00:05 | comments(3) | - |
三茶ラテンフェスでヘピ日記

8月21日
初出場の三軒茶屋でパレード


PAが飛んでしまう事故はあったけど
みんなが歌いながらパレードしている姿が
Youtubeに残っている

 

ヂレの横ではV王子がビオラォン片手に
サンダーが両腕を振り上げて生声で歌う
くにーはピンヒールで後ろ歩きしながら歌う
ハイーニャのユカは歌いながら何度もバテリアを鼓舞しにくる
そしてバテリアも笑顔で歌っている

一体感とはこのことだ
災い転じて福となす

 

前日まで雨が降り
翌日には台風直撃の合間
こんなタイミングでパレードができた不思議
アクシデントが一体感を生み出した奇跡
週末の浅草が楽しみだ

 

カイピリーニャは浅草が終わるまで
とっておこう

 

<TYS>

| 活動日誌 | 23:51 | comments(4) | - |
下北沢でヘピ日記3

ある日のエンサイオ
バツカーダが始まっている
寄ってきては離れていく音
ヂレトールの表情も渋い
そこへ久々に来ていただいちゃんが入る


そこにいる緊張感で右手が冷たくなる
スルドのテルセイラ
音圧が一気に上がる
流れる汗もかまわず
一心不乱に叩くだいちゃん
会場の温度も2℃くらい上がっただろうか

次はタンボリン
こんなに音が出るんだと思うくらい
鳴っている
言葉では言わないし
アピートもスティックも飛んでは来ない
しかしびしょ濡れの背中が語っている
こうやるんだと教えてくれる
バツカーダが終わると
何も言わず着替えに行った

 

 

8月13日
下北沢でのパレード
30分を2本
次の日が浅草サンバカーニバル説明会
毎年同じスケジュール
今年のテーマは「全力投球」
出し切ってやるぜ

 

パレード開始からの全力投球
リムショットの連打で
二の腕に乳酸がたまる
左手はマメがつぶれ
ヘッドを赤く染める
流れる汗が目に入る
目玉にも塩分補給だ
ストロークがわずかにリムに厚く入ると
スティックがへし折れた
しまった
替えのスティックを用意していなかった
先週のパレードでヘッドを破ってしまい
困ったことを忘れていた
用意不周到
瞬間、前にいるたなちゅうの尻ポケットに
スティック発見
「それ貸して」
目で合図して奪うように借りて事なきを得る

 

出し切った
もう何も残っていない
右手の中指は痙攣が止まらない
左手は腫れてグーを握れない
出し切れることは分かった
バテリアには伝わっただろうか
俺の背中は語っていただろうか

 

きょうはカイピリーニャを飲む体力も残っていない

 

<TYS>

 

| 活動日誌 | 23:23 | comments(2) | - |
2016富士見ヶ丘パレード後記

8月7日
マスコミ等の報道にもありましたが
富士見ヶ丘のパレードはいたましい事件により
途中で中止となってしまいました

 

VBメンバーに直接的な被害はありませんでしたが
観客の方々が被害に遭われてしまいました

 

怪我をされた方々の一日も早い回復を
願ってやみません
その場に居合わせた子供たちの心の傷も心配です
今は自分にできることが何もないことが
心を締め付けます


自分がこれからも活動を続けていいのかどうか
考えました

 

楽しいはずのサンバパレード
特に富士見ヶ丘の方々は
ほんとうに笑顔で暖かく迎えてくれます
ダンサーだけではなく
我々バテリアに対しても
満面の笑顔で迎えてくれます
ほんのちょっとだけだったけど
子どもたちのスティックを渡すと
楽しそうにヘピニキを叩いてくれました
はじける笑顔の子供たち
車いすの方々も
思い切り手を叩いて応援してくれました

 

そんな皆さんに会えることを
毎年楽しみにしていました

 

これからの自分はどうでしょうか
皆さんを笑顔にできるでしょうか
皆さんに幸せを届けることが出来るでしょうか

 

人は皆悲しみや苦しさを抱えて生きていると思います
ほんのひととき
サンバのパレードで演者と観客が一体となって
笑顔と歓喜に包まれる
そんなひと時があってもいいのではないか
忘れられる時間があってもいいのではないか


その答えはまだ先にあるのかもしれません
しかし活動を続けていこうと思います
その中で答えを探していこうと思っています

<TYS>

| 活動日誌 | 01:39 | comments(0) | - |
草加よさこいサンバフェスでヘピ日記

 

VBバテリアに捧ぐ

 

心は赤犬
頭は青雉

 

心の中は燃えたぎるサンバへの情熱で満たされる
頭の中は正確なビートを刻むために平静を保つ
そんな自分でありたいと思う
そんなVBバテリアでいてほしい

 

 

-----------------


今日は草加よさこいサンバフェス
初参加のイベント

なのでみんな楽しみに準備してきた

 

沿道でのパレード

続いて駅前広場でのパフォーマンス
そして今年のエンヘードのお披露目

ダンサー達のテンションがもう一段上がる

 

だけどバテリアの立つステージには

緊張感が張りつめていた

 

客席から今日のバテリアはどう見えたんだろう
VBの「WA!」は会場に広がったのだろうか

 

 

 

-----------------

 

 

 

練習は裏切らない
練習は嘘をつかない


ならばこれが現在の実力か
練習以上のことはできないのだから

 

 

でもね
今からでもできることはたくさんあるよ

 

 

笑顔で演奏しよう
歌いながら演奏しよう
心を沿道に届けよう
皆でひとつになろう
ひとつの音を届けよう
気持ちさえあればできることだから

 

そんなことを考えながら
今日はカイピリーニャを封印しようと思った

 

<TYS>

| 活動日誌 | 22:29 | comments(1) | - |
合宿でヘピ日記2016

痒い

痒い

痒痒痒痒

ブヨに刺されてしまった

7か所も

どんな薬を塗っても効き目がない

ググってみたら1ヶ月くらい痒い時もあるらしい

時にはめまいや吐き気もあるらしい

なんてこった…


合宿初日 東武東上線を北へ向かう

車窓を叩いていた雨も止んだようだ

合宿所に着くと早々にグラウンドに向かう

秩父山系にコダマするバテリアの音

パレードを想定した歩きながらの練習

前を行くダンサーさんがだんだん見えなくなっていく

山の谷間から濃い霧が流れ込んできたからだ

トロリとした霧に飲み込まれていくダンサーたち

幻想的な風景に

見事にアンマッチなサンバのリズム

 

キメを変えるよ

シャバダバダツシャバダバダツシャバダツ…

例によって字面では何が何だかわからない

大ちゃんの熱血指導

苦しい

何故かとても苦しい

気が付いたら呼吸するのを忘れていた

今では大ちゃんの熱血を知る数少ない存在となってしまった

 

 

夜は素敵なBBQ

鶏肉の次は牛肉を焼いて

薄めの肉の次は極厚肉

野菜と焼きそばの出番はない

いくらちゃんはナイフを片手に舌なめずりをやめない

 

極厚の肉塊を切り分けるナイフはチーズを切っているような切れ味だ

肉食獣たちの空には満天の星

都会にはいない星たちが

すぐそこまで降りてきて

こっちへおいでと誘ってる

 

カイピリーニャの効き目か

北斗七星が14の光に見える

おかわりは帰ってしまったお前の分だ

おかわりは明日にならないと来られないお前の分だ

おかわりは星と語らう俺の分だ

おかわりは…

 

 

合宿二日目は太陽と共にあった

山を切り開いたグラウンド

立ち込める陽炎と

草むらのブヨ

休憩時間にも日陰は無く

置いておいたヘピニキの胴体では

きっと目玉焼きが焼けるだろう

 

朦朧とした意識の中で

シャバダバダツシャバダバダツシャバダツ…

エンヘドを歌いながら演奏するバテリアたち

合宿も終わりを告げる

始まりの夏を残して

 

へとへとの体で

上り電車を待つホーム

カイピリーニャは

やっぱり飲みすぎてはいけないと悟った

 

<TYS>

 

※筆者ではない

| 活動日誌 | 00:57 | comments(4) | - |
BBQでNOヘピ日記
4月30日
某イベント出演が抽選負けによりなくなったVBメンバーは
何かの予定を入れないと気が済まない
そんな時は宴会CEO(チーフ宴会オフィサー)ポニョの出番だ

BBQ それも公園などではない
新宿歌舞伎町のゴジラがすぐそばに見える
ビルの屋上テラスを貸し切った
初夏の太陽に焼かれたテラスでのビール
午前中の練習の疲れもありアルコールが駆け巡る

調子に乗って二杯目からはカイピリーニャ
三杯目以降もずっとカイピリーニャ
炭焼きのBBQは肉がなかなか焼けない
そこへ登場するたこ焼き
ダンサーさんたちが焼いてくれたタコ焼き
タコ焼きはすぐできる
肉はなかなか焼けない
タコ、カイピ、タコ、タコ、カイピ
アツアツのたこ焼きを食べて
カイピリーニャで冷やすパターンの繰り返し
早くも酔っているのは太陽のせいか
カイピリーニャの飲みすぎか

パゴーヂやるよ 大ちゃんの一言で始まったパゴーヂ
飲んで歌って踊って飲んで
ノンストップで延々と続くパゴーヂ
ヘボロを持つ腕が重い
パンデイロが回ってきたので叩く
ゆらゆら揺れるパンデイロ
頭の中もゆらゆら揺れる
胃袋も揺れる
リバースしないうちにタンボリンに替わってもらった

二次会はマグロですよー
ポニョの声で二次会に向かうメンバーたち
俺は帰ります
今日は朝から練習で
明日は朝からレコーディング
だから今日はこれで帰ります
と自分に言い訳して
もう若くはないのさと呟いてみる

池袋 東上線で40分
立って帰る気力は残っていない
20分待って次の電車で座って帰ることにした
はぁ、座れたよ あとはおばあさんが乗ってこないことを祈るのみだ

かわごえー、かわごえー 一
瞬の瞬きと思ったのに
乗り過ごしていた。

上り電車を待つホーム
カイピリーニャは 飲みすぎてはいけないとおもった


| 活動日誌 | 00:52 | comments(2) | - |
月間スケジュールはこちら


SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
練習参加、イベント出演等のお問い合わせは こちらまでどうぞ。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
velmelho e branco logo

VBトップダンサー、
ヴァレリアの本です!