VBlog

サンバチーム「ヴェルメーリョ・イ・ブランコ」のブログです。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
2015年 よろしくお願いいたします。
 VBlogをご覧いただいているみなさま

あけましておめでとうございます

昨年も沢山の方々のご支援や応援があって、1年間活動を続けることができました。
ありがとうございました

昨年8月の浅草サンバカーニバル、結果としては少々残念な結果となりましたが、
その時のメンバーの悔しさや、より浅草でいい結果につなげたいという気持ちが非常に強く、
浅草後も本当に充実した時間が過ぎております。

時間が過ぎるのは早いもので、あっという間に2015年もスタートしています

今年もメンバー一同、楽しく、熱く、サンバをしていきたいと思いますので、
引き続きのご声援、よろしくお願いいたします。


| その他 | 23:25 | comments(5) | - |
本年もよろしくお願いいたします。
 新年明けましておめでとうございます。

いよいよ2012年となりました。
今年は辰年!
龍のように力強く、上へ上へと昇っていけたらいいなと思います!!


昨年は、例年とは違う一年を過ごしましたが、
そんな中で沢山の方と出会い、多くの経験をさせていただきました。
そういった出会いや出来事を胸に、
私たちVERMELHO E BRANCOメンバー一同、
力を合わせて頑張っていきたいと思います。


本年もよろしくお願いいたします。

| その他 | 15:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
【VB人物図鑑vol.3】ヴィオラォン王子☆Hろし・セボリーニャ・N沼氏
「あの、Pルムってアイス、N沼さんが作ってるって聞いたんですけど〜。Bちんさんが絶賛してましたよ〜!」
「あ、そうそう、あれ、うまいよ〜!」
「へえー!!まだ食べた事無いけど、今度食べてみます〜!!Pノも美味しいですよね、Kにー大好きなんですよ〜」
「Pノもおいしいね〜☆あれは◯◯◯に秘密があるんだよ!」
「え、そうなんですか〜!それはそうと最近おすすめのとかあります?」
「えーとね、Mウっていうやつかな〜♪あーれは、ウマいよ」
な〜んて感じに話しながら材木を測ったり、切ったり、釘で打ったりして花かごのリボンの芯をN沼氏と自分は制作していた2009年アレゴリアファクトリー@鐘ケ淵。某アイスクリームメーカーにお勤めとかねがね聞いていたので、真夏のかなり蒸暑い中、アイスの話をして涼を取ろう思ったわけではないが、氏は惜しみなくアイス情報を提供してくれた。
そんなN沼氏は浅草サンバカーニバル当日アイスを売っている訳ではない。副業はRーザ・Rーシャでヘビメタ級高速奏法を売りとするバンドリンの名手である。そして本業は我がヴェルメーリョ・イ・ブランコのヴィオラォン王子である。
そう、何を隠そう彼は王子なのだ。
 
ここで王子の称号を獲得した貴重な逸話を披露しよう。
去年のゴールデンウィーク、Kっしーさん宅で2010年の初めてのバテリアコアメンバーによるレコーディングを行った時である。 N沼氏はお仕事があるとの事で、昼間からレコーディングには参加できなかった。 夕方過ぎた頃、Kっしー家から恵みの夕ごはんをご馳走になろうとした丁度その時、氏はやってきた。しかし途中転倒し、なんと商売道具である右手(正確には右腕全体)をかなり捻ってしまったとの事であった。右手に全く力が入らなくなってしまったらしく、左手でお箸を持っては大層辛そうにご飯を食べていた。
 食事が終わり、レコーディングが再開した。大丈夫かな?みんなの注目が集まった。 しかし案ずる事はなかった。健在である左手はしかと各弦を押さえ、負傷したはずの右手はピックをこれまたしかと掴み、流れる様にメロディーを奏で始めた。そして恐ろしいほど順調にレコーディングは終了したのだった。だがN沼氏はまだまだ弾き足りなかったらしく、Kっしーさんとギターでアンサンブルを弾き始めた。余興は何処までも続けることが出来そうであった。そして宴もタケナワとなったその瞬間、王子の称号を与えられたのであった。

以上がN沼氏、いや、王子のエピソードである。
また余談ではあるが、王子の称号を獲得したすぐ後に「セボリーニャ」というミドルネームも与えられている。王子はブラジルの「モニカ」というマンガに出てくるセボリーニャという男の子がお気に入りで、「セボリーニャ」の曲を作っている(その意味は「タマネギ坊や」とでも言えば良いのか)。そんなにしてまでだったが、まだその時は別称はなかった。ところが、ある日Sくら水産で初っ端にオニオンスライス(80円)を2皿も注文したその瞬間に「セボリーニャ」のミドルネームは授けられたということだ。


| その他 | 18:51 | comments(2) | trackbacks(0) |
【VB人物図鑑vol.2】軟体Yっこさんの真相
開脚した肢体が床にぺたん、体を捻ったと思いきや、ぐにゃんと足も曲げる。
ストレッチをしている姿は、遠目からでさえも、ありえないウルトラポーズの数々を丁寧にこなしているが故に、誰もが気になるに違いない。ましてその小柄さと良く鍛えられているとしか表現の出来ない筋肉は、身体能力の非常に高い中国雑技団の一員にも思われる・・・。

ダンサーYっこさんは、泣く子も黙る夢の国TD〇にお勤めだ。しかもプロのパフォーマーさんだという。それを自分が知ったのは今年の春ごろだった。
それまでは、2009年のクリアンサを誘導する愛らしいミツバチの役から、自分は勝手にYっこさんを小学校の先生と思い込んでいた。さらには体を動かしたり鍛えたりするのが大好きな先生なのだろうと、これまた勝手に解釈していた。


そんな自分の甚だお門違いな思い込みは兎も角・・・Yっこさんのご職業はかなり個性的である。
次回夢の国に行った暁にはYっこさんを見つけて「わーい♪頑張ってくださーい☆」と声援を送りたいものだと思っていたある日、Yっこさんと色々お話する機会を得た。

自分「Yっこさーん、TD〇の決まった場所に行けばYっこさんとお会い出来たりするんですか?」
Yっこさん「んーー、裏方だからねえ、会えたりはないねえ〜。」Yっこさんは朗らかにお答えされる。
自分「えー、でもタイミングがよければYっこさんとお会い出来たりするんですよねえ〜?」
Yっこさん「んー、どうかな〜。」満面の笑みで返される。
自分「えーっと・・・でも担当されているアトラクションとかあるんですよね?」
Yっこさん「いやいや、表に出ないから〜。」ニコニコして言われる。

自分の想像では、あの鍛えられた肢体をフルに活動させて、何かしらのパフォーマンスをされているYっこさんを想像していたのであるが、どんなに畳み掛けて質問しても、どうして中々オブラートに包まれたご返事ばかりが返ってくる。
なるほど夢の国の実情はそうそう簡単に種明かしは出来ないと言う事なのだろう。あんまり聞いちゃいけないよな、だって夢の国だもの〜♪その時はそう思うことにした。


別のエンサイオの日、Yっこさんとまたお話する機会があった。
どうしてあんなに軟体なのか、いつから鍛えているのか、やはりそれも気になっていたので、すかさずしつこく質問攻めにする。

自分「しかしYっこさんてストレッチ凄いですよね〜、やっぱり昔から運動とかされているんですか?」
Yっこさん「いや、学生の時はこれでも文科系だったのー。」和やかなご返事だ。
自分「えー、全然運動とかされてなかったんですかー?」
Yっこさん「んー、あ、そうそう応援団とかしていたよー」楽しそうにお答えされる。
自分「えーーっ、だって応援団とか『押忍!』とかじゃないですかー。」
Yっこさん「そうそう〜♪」実に嬉しそうであった。。。



てな訳で、あまりにも意外なご返事に慌てふためいてしまったまま時間が過ぎ、年を越そうとしているキョウビ。きっと昨日なんてTD〇は超大入りでお忙しかったのではないかと思うが。いや、年末年始はさぞかしご多忙だろうとも思う。

来年こそはYっこさんの真相に迫れるのか?!乞うご期待!!
| その他 | 20:04 | comments(8) | trackbacks(0) |
【VB人物図鑑vol.1】ときめきのMCべーさん
 はじめてお会いしたのは、エンサイオ?or 横浜のZAIM2008アレゴリア製作場所だったかと思う。
思わず、「お仕事はやっぱりニッカポッカのお姿ですか?」と失礼な事を聞きそうになる。
そんな雰囲気がMCべーさんにはあった。同じカイシャパート。
新人だった自分としては、カイシャパートのみんなと仲良くなりたかったが
MCべーさんはあんまりエンサイオには来られ無い感じで、
でもどうやらZAIMには来られるみたいだった。

ある日ZAIMに行くと、MCべーさんが黙々と作業している。
あ!、まつ毛めっちゃ長いなー、カールも素敵な感じ〜☆でも髭がむさむさしているなー。。。
色々観察する。
その時、MCべーさんが頭に縛っているオレンジ色のタオルの文字に目が行った。
「ときめき〜」・・・そのタオルには黒字でそう書いてあった。
!!!なるほど、MCべーさんはときめいているのか!
その「ときめき〜」の文字の下にはやっぱり長いまつ毛。何とも情熱的。
そしてそのタオルをアレゴリアの作業時は、毎回しているように思われた。
その内Mっちゃんもよくそのタオルを頭に巻いている事に気が付いた。Mっちゃんはまつ毛が長かったりするわけではいけれども、きっとときめいているのにちがいない。
色々考えをめぐらす。
一部のメンバー愛用&ご用達「ときめき〜タオル」。
VBに入ってみたもののサンバは間違いなく日本とは異文化度が大きく、音楽も全然わからないし、カイシャも全然叩けない。どんどん浅草に向けて走って行ってしまいそうになるチームに、何とか遅れを取らない様ただついて行っているだけの自分にとって、それはちょっと楽しい発見だった。


初めての浅草が終わって、参加品としてタオルを貰った。
黄色の地のタオルに「ASAKUSA SAMBA CARNIVAL」というみどりの文字が中央に書いてあった。「ブラジルカラーだなあ〜」と思っていたら、そのタオルの隅に「ときめきたいとうフェスタ2008」と
言う文字に気がついた。「あれ〜??」と思っていたら、どうやら毎年色違いで参加品としてタオルを配っているらしかった。しかしその年貰った黄色いタオルでは、頭に巻いても「ときめき」の文字がうまく左目の上辺りに来ない。オレンジ色のタオルとレイアウトが違っていたのだった。


MCべーさんは今年はアルモニアとして参加された。
それより何より、おかんの手をこっそり作ってくださったとの事。
アレゴリアの造形作業部員(一般的にアレゴリアンラバーと呼ぶ)として、毎年何かしら作ってくれているらしい。毎年ありがとうです、MCべーさん。
最近は稀にしかお姿が見られないので、前にも増して仲良くなるチャンスが激減した。
しかし目頭のまつ毛と「ときめき〜タオル」はきっと来年も健在で、あなたにもMCべーさんの情熱を感じられる日が来るに違いない。
| その他 | 22:35 | comments(8) | trackbacks(0) |
今年のテーマTシャツ
2010 Tシャツ
今年のテーマTシャツ(タンクトップ)のイラストです。
| その他 | 12:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
エスコーラシャツ 画像とサイズ
エスコーラシャツとはこれのこと。

チームのオフィシャルTシャツです。
かっこいいっす!!

<全面>
3ケタまでの番号を入れられます。
例では「047」となっていますが、頭の0を抜かして「47」とかでもOK!




<背面>
ネームを入れられます。
アルファベット大文字、小文字は可能。
☆とか♪とかも可能だと思いますが、もしかすると入らないかもしれません。





<サイズ(参考)>
少しサイズが異なる可能性もありますので、ご了承ください。

S:着丈64、身幅48
M:着丈66、身幅50
L:着丈68、身幅52
2L:着丈72、身幅54




| その他 | 23:08 | - | - |
Tシャツのデザイン
こんばんは!チームの今年版Tシャツデザインはこんな感じです。。
と、さりげなく掲載しておきます(じ)

| その他 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
夏休み
関東は梅雨が明けましたね。
こんばんは、広報担当「ひ」です。

私の実家がある京都では、16、17日と言えば祇園祭なのです。
京都ユースは、宵山と呼ばれる14〜16日の夜には、
浴衣を着て、気になる異性と夜祭りデートに出かけます。
この頃関西は梅雨明け寸前。そぞろ歩きの最中に
梅雨の最後っ屁のようなびっくりするほどの豪雨に見舞われるのですが、
雨を口実に狭い傘の下、ギュウギュウ押し合いつつ愛を育んでいくわけですね。
祇園祭が終われば、20日ころ、大阪では天神祭が。
それを過ぎてようやく、関西の梅雨は明けます。
関東の梅雨明けは、本当はそれよりあとのはずだったのにね。


まーそんなことはさておき。


世は明日から3連休。例年では、世の中の休みもなんのその
サンバな私たちは絶賛練習に明け暮れている頃なのですが
なんの間違いかもろもろの事情で、VBは「夏休み」になってしまいました。つまり、練習なし。
しかしいざ「お休み」と言われても、ハテ、なにをすればよいのやら。。。
結局は自主練とかしたりするんですよね。てへへ。

とはいえ、練習だけしてれば上手くなれるとも思わないんですよ、本当は。
サンバチームに所属しているメンバーの中には、意外にも
「サンバのパレードを見たことがない」という人が、何人もいます。
そりゃーそうでしょう。オンシーズンのときは自分のチームのエンサイオ(練習会)と
他チームのパレードのスケジュールがかぶっているなんてザラです。
かくいう私も、あれだけパレードを見るのが好きだったのに、
サンバをはじめて以来4年、ほとんど見に行けてないのですから。

だからこそたまに見ると、初めてパレードを見た時の初々しい気持ちが蘇って、
なかなかいいもんなんですよ。
たくさんたくさん、いい刺激をもらえます。

3年前、経堂にクルゼイロのパレードを見に行きました。
地を這うようなバツカーダ、色とりどりの衣装に身を包んだタンガダンサーのみなさん……。
見慣れた光景のはずなのに、何もかもが華やかで、嬉しくて、楽しくて。
気がつくと赤ワイン片手に、沿道で誰よりも踊り狂っていました。
エンサイオ帰りの大荷物を入れたカバンが、隣のおじさんにババーン!
に、にらまれた。。。すごすごと、場所を移動。。。

別のところでさらに踊り狂うワシ。
しかしあまりにはしゃぎすぎて、今度は手元の赤ワインをバシャーッ!
隣にいらっしゃった車椅子の年配の女性にかかりそうに。
「ご、ごめんなさい! かかりませんでしたか?!」
焦って聞く私に、女性は優しく一言、「大丈夫よ……でも……」



「あなたが踊っていたせいで、サンバが見えなかったわ……」








ごめんなさぁぁぁあいいいぃぃぃぃ。。。








サンバを見る際は、夢中になりすぎないよう注意!








せっかくのお休みですから、チームのメンバーを誘って
自主練の後にパレードでも見に行ければな、と画策しています。
タイミングよく19日には、花小金井で大規模なパレードが。
リベルダージ、アハスタォンほか、4チームが参加するそうです。
パレードを見て、元気をもらってこよう。そしてまた、
サンバできることの幸せを、もう一度かみしめられれば。
みんなを元気にできるよう、
まず私たちが誰より楽しくて、元気じゃなきゃ! ねっ。


ちなみに、

沿道で赤ワイン片手に踊り狂っている女がいたら、
それは間違いなく、ワタクシでございます。。。


(ひ)

| その他 | 02:45 | comments(4) | trackbacks(0) |
【雑談】エド・はるみさんが「サンバ」でソロデビュー?!
サンバがらみの小ネタをひとつ。

お笑い芸人のエド・はるみさんの新曲「グーグー Sunバ!」は
サンバのリズムに乗せたものだそうです。
ニュースサイトでは
「切なさもありながら、気がついたらポジティブな気分になってしまう楽曲」と
紹介されていましたが、
まさにヴィニシウス・ヂ・モライス先生が言うところの、
「悲しみのないサンバなんて、酔わせてくれない酒みたいだ」に
通じるものがありますよね(笑)。

どういうカタチにせよ、サンバがこうして世の中で注目を集めるのは嬉しいことです。
エドさん、来年はエントリーをお待ちしていますよ!

(ひ)
| その他 | 13:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
月間スケジュールはこちら


SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
お問い合わせ
練習参加、イベント出演等のお問い合わせは こちらまでどうぞ。
モバイル
qrcode
LINKS
PROFILE
velmelho e branco logo

VBトップダンサー、
ヴァレリアの本です!